国立市さくら通りは今、屋外(おくがい)美術館。「くにたちアートビエンナーレ」

こんにちは、直販営業部の池田です。

国立市の市内にたくさんの彫刻が設置されているのに気づき、あたらめてじっくり鑑賞しようと、国立市役所近くのさくら通りに訪れました。

その彫刻は今年3月に最終選考が行われた「くにたちアートビエンナーレ 第2回野外彫刻展」の入選作品で、さくら通り沿い(南側緑地帯)およそ700メートルの区間に石材(大理石・御影石)、と金属(ステンレスまたはコールテン銅・アルミ)等で作られた彫刻10基が設置されております。

作品「花と空と太陽と」は優秀賞

作品「たけくらべ」は優秀賞

作品「EARTHVIBRATION天使の椅子」は大賞

作品「象」は優秀賞

作品「地中からの贈り物」

作品「DREAM HAS A PLACE」

作品「舞」

作品「神像(道ゆく人に幸福を・・・。)」は準大賞

作品「太陽の雫」

作品「街の風景」

子どもと彫刻を鑑賞しながら、さくら通りを歩いていきます。

様々な彫刻が、作品名と説明文が記載された看板とともに設置されております。

さくら通りをゆっくり歩きながらの芸術鑑賞はいかがでしょうか。実際に触れることもでき、大変楽しめました。

どんよりした天気が続きますが、梅雨の晴れ間に是非足を運んでみてください。

※今回は2018年の作品についてですが、2015年の作品が国立市の大学通りにあります。2015の作品についてはホームページにて閲覧できます。

ホームページはこちら

問合せ先 くにたちアートビエンナーレ2018事務局 042-574-1512

【設置場所】 東京都国立市内さくら通り(南側緑地帯)
ホームページを参照してください。

The following two tabs change content below.
Hiroshi. I

Hiroshi. I

入社年:2003年。直販営業部に所属し現在、病院等の給食担当営業として発注促進活動、新規開拓活動をしています。
週末は小学生(少年・少女)サッカーのコーチングをしてお子さんたちと一緒に身体を動かしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket