【相模原】週末家族でお出かけするのにオススメ『相模川ふれあい科学館』を紹介します。

暑い季節になってきましたね。ちょっとバテ気味の糠信です。

本日は小さいお子さんに大人気のお出かけスポットを紹介します。

場所は、相模原市にある「相模川ふれあい科学館」です。

こちらの施設は、相模川に住む魚を見て触れていろいろな体験も出来る小さいお子さんのいる家族が1日楽しめる水族館です。

館内は、川ゾーンや生命ゾーンなど各ゾーンに分かれています。

川ゾーンは、相模川の水源から河口までの全長114kmを長さ40mの巨大水槽で表現しています。

また両生類水槽では、世界最大の両生類オオサンショウウオや、森に住むアオガエルの代表種、モリアオガエルなどが展示されています。

外の水槽では、コイやアブラハヤ、ウグイなどの川魚に餌付け体験ができます。

手を差し出しただけで魚が集まってくるので迫力があります。

また公園もあり夏の暑い時期は水遊びも出来るので水着を持って行くといいですよ。

ぜひお子さんを連れて行ってみてください。

また次回もいろいろな情報を発信していきます。

お楽しみにしてください。

『相模川ふれあい科学館』

住所:神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1

電話:042-762-2110

営業時間:9:30~16:30

定休日:月曜日(祝祭日の場合は開館)

料金:大人390円、小中学生130円、65才以上190円

The following two tabs change content below.
糠信圭一

糠信圭一

宅配営業部に所属しています。
仕事内容は販売拠点の宅配センターで女性28名と一緒にヤクルトの乳製品の良さを皆様に知ってもらうため日々奮闘しております。得意エリアは八王子です。
趣味はレース観戦と美味しい物を探して車でドライブしたりオートバイでツーリングに行きます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket