うなぎといえばココ!うなぎ藤田|日野市

今回は、値段が気になり、なかなか食べに行くことができない、うなぎ!
そんな中でも初めて食べてみて、あまりにもおいしかった「うなぎ藤田」さんを紹介します。

うなぎ藤田の歴史

明治25年頃、浜名湖でとれたうなぎを携え、長野県へ行商をしたことがうなぎ藤田の始まりとされています。

うなぎ藤田の味

【うなぎ】

いつでも新鮮なうなぎをお客さまに提供するため、養殖業を営んでいる浜名湖から、その日使う分だけの国産うなぎを毎日直送しています。

【お米】

その年の生育状況や味をみて、うなぎに合う最良の産地・銘柄を選んでいます。

【秘伝のたれ】

うなぎの味の決め手は何といっても、たれです。
うなぎ藤田のたれは、50年以上の歴史がある継ぎ足しのたれで、『秘伝のたれ』と呼ぶにふさわしいものです。

いざ注文

勇気をもって、うな重(山)と茶碗蒸しを注文しました。

待つことおよそ10分!
いよいよ注文したうな重(山)が運ばれてきました。

蓋を開けると、うなぎの香ばしさと、たれの香りがたまらなく食欲をそそります。

まずは、きも吸からいただきます。
とてもうす味でさっぱりしています。

そしてメインうな重(山)です。※写真はごはん大盛りです。
うなぎは肉厚で箸で簡単に切れるほどふわふわです。甘辛い『秘伝のたれ』とも相性バッチリで食べる勢いが止まりません。

茶碗蒸しで口の中をさっぱり。

付け合せのお新香もうれしいですね!

最後はデザートでフィニッシュ!
こちらは洋梨にヨーグルトのソースがかかったものでした。

1品1品すべてがメインのうな重を引き立てていて、またすぐに、うな重が食べたくなるような感覚に陥りました。
それくらい満足のいくおいしい食事でした。
皆さんも機会がありましたら是非、足を運んでみてください。

【住所】
東京都日野市多摩平3-7-4

【営業時間】
11:30~14:00
16:30~21:00

【休業日】
木曜日ならびに第2、3水曜日

【駐車場】
20台有り

詳しいホームページはこちら

The following two tabs change content below.
Fumihiko. I

Fumihiko. I

入社年:2003年
現在、総務部健康推進課に所属しており、ヤクルトレディさんの収入UPに向けて、勉強会などを実施しております。
休みの日には、小学校1年生から続けているサッカーに明け暮れています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket