<保存版>日野市桜の名所【旭が丘グリーンベルト】2019年剪定前/桜の満開のフォトアルバム。

(桜の)花は、黙って咲き 黙って散ってゆく。
その潔さ(いさぎよさ)に、かくありたいと思うばかりです。春に、この桜の下を愛車マリリンで長年通勤していた金子です。


2017年、樹木医診断の結果、ソメイヨシノ47本は概ね(おおむね)良好な状態でした。では、なぜ?今、剪定なのでしょうか。そこで、日野市の計画書を調べてみました。
計画書よると、枯れ葉、枯れ枝の落下防止及び倒木対策。隣接地への落ち葉被害の被害緩和などが目的。今後の保全管理方針として、旭が丘グリーンベルトのコンパクト化を目指すという事でした。胸がしめつけられるような2018年剪定後の桜の樹です。

確かに、台風後の歩道は歩行出来ないほどの落ち葉と枝が散乱します。桜の満開の一瞬を考えると人の営みのほうが優先でしょう。隣接住民の皆さまのご苦労は計り知れません。写真は2018年の台風「チャーミー」の鼻息です。

あらためて、住宅街の巨木に思いをはせてしまいます。
高松町1丁目の巨木の謎は深まるばかりです。


立川高松町1丁目の巨木 リンク↓

http://www.seito-info.jp/archives/8222


そして、新緑を迎えた【旭が丘グリーンベルト】の景色も、もう見ることはできないのです。
私の私的なアルバムを見ていただきました皆さま、朗報です!
【旭が丘グリーンベルト】ソメイヨシノ21本は剪定前なのです。日野四中東門から旭が丘三北信号までは今年最期の満開風景を見ることができます。
最期の桜の満開の下を、ぜひ歩いてみてください。もう二度とはみられぬ桜の満開の景色になります。

場所:日野市旭が丘2丁目
名称:旭が丘グリーンベルト
規模:520m(2018年剪定部分含む)ソメイヨシノ47本
誰でもトイレは設置していません。
近隣施設:ケイヨーD2・リカーキング・コープ・西都ヤクルト本社

The following two tabs change content below.
金子 美紀

金子 美紀

1957年4月18日生まれ。
設店アポインターをしています。ネット応募の方を宅配センターまでご案内する仕事です。電話や、メールの向こう側にいる方がヤクルトレディの第一歩を踏み出すためのお手伝いをしています。
趣味はベランダガーデニングとカメラと神社仏閣仏像。ネイティブな物にとても惹かれます。反面、最近はエクセルの関数にはまっています。IF関数をさりげなく使いこなす人に憧れています。
只今自宅ジャングル化進行中。夢は世界を旅する写真家です。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket