高尾警察署|防犯活動覚書の締結式|西都ヤクルト販売株式会社

左から ピーポ君・加島署長・中川社長・ヤクルトくん

 

防犯活動覚書の締結式

平成29年3月14日(火)高尾警察と西都ヤクルトの防犯活動覚書の締結式が行われました。
特殊詐欺、侵入窃盗等の住民の平穏な生活を脅かす犯罪の被害は依然として高い割合で発生しています。警察と訪問活動を展開している事業者(ヤクルト)との連携強化を図り、安心して暮らすことのできる地域社会の実現を目的とし、覚書締結式を行い調印いたしました
調印中

 特殊詐欺被害状況

高尾警察署 加島署長に被害状況をききました。
平成28年中 発生件数 19件・被害金額 約 3,500万円
平成29年(3月14日現在) 発生件数 5件・被害金額 約 2,600万円
被害者は、高齢者が多く、身内になりすました詐欺師からの電話にだまされてしまう様です。それも一度だけでなく二度、三度と催促され、その都度、振り込んでしまっているのが現状の様です。

ヤクルトレディの協力

警察署で制作しているチラシを、お客様へ直接お手渡しをしています。また、高齢者には特殊詐欺が昨年より多く発生している事を伝え、振り込みの依頼を受けた時は、家族へ伝える事や、身近な人へ相談して決して1人の判断をしない様、週1回の訪問時に促します。

ちらし詐欺
スワセンターの協力隊(他 西八センターも含め 42名)
警察署高尾
ピーポ君とヤクルトくんも、締結しました

 

まとめ

他人事の様に聞き流してしまいがちな事ですが、悪の手はランダムにターゲットを探している事を警察の方に聞きました。金額に問わず様々な手口で振り込みの依頼を求めてくるそうです。「身内を疑うなんて」と思わず、必ず誰かに相談してください。もちろん警察へ直接相談してほしいと警察の方も言ってました。「振り込む前に!ちょっとまて!」気をつけて下さい。

The following two tabs change content below.
Hiroko. O

Hiroko. O

入社 21年ヤクルトレディー経験 2年
化粧品販売レディー 3年、社員経験16年
現在は宅配営業部で、宅配センターを担当するマネージャーの管理やヤクルトレディーの仕事内容の運営をしています。
以前住んでいた日野市豊田駅周辺が、得意なエリアです。
最近休日は、自宅のDIYを楽しんでいます。西海岸風をイメージして壁紙を張り替えたり棚にペイントなどしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket