『家具の博物館』|昭島市

こんにちは、総務部の小黒です。

三回目のブログ投稿となり行動範囲の狭い私としては、そろそろ行き詰まりが見えてきたところですが、頑張って何か面白いところはないかと探してみました。

今回訪問したのは、昭島市の中神駅近くフランスベッド㈱内にある

『家具の博物館』です。

当初は東京都中央区の晴海に開設されていたのですが、平成16年10月に現在の昭島市中神町に移転したとのこと。

最初入口がわからずにいたところ、親切な警備員さんが丁寧に入口を案内してくれました。

さっそく入館料を支払い館内へ

17世紀から19世紀に欧米各国で用いられた西洋クラシック家具がとてもきれいな状態で保管されていました。シャーロックホームズの世界に入り込んだようで、感動しました。

他にも江戸時代、明治時代から昭和時代の日本の家具もたくさん展示されています。

収納具、照明具、暖房具、裁縫具、化粧具、衣裳箪笥等時代劇やらTVでしか見たことのないような家具がありました。

個人的には、扇風機の初期的な物や洗濯板(それこそTVで見たまま)も印象に残りました。

あときれいだったのは、欧州の代表的なミニチュアの椅子がケース内に飾られていて、しばし見入ってしまいました。

今回は残念ながら撮影不可とのことでしたので、入口の写真とパンフレットの画像のみですが、歴史的な家具を鑑賞でき楽しい時間を過ごせました。

「博物館だより」というお土産もいただけますよ!

普段何気なく使っている家具ですが、時代とともに家具も移り変わっているのを知ってとても勉強になりました。
みなさんもぜひ足を運んでみてください。

 

開館時間 : 午前10時~午後4時30分

入館料  : 200円 高校生以下無料

休館日  : 毎週水曜日 (年末年始・夏期休館あり)

アクセス : JR青梅線「中神駅」下車北口より徒歩5分程度

The following two tabs change content below.
Kazushi. O

Kazushi. O

総務部課長西都ヤクルト販売株式会社
1995年入社
 若い頃は営業部、直販部を行き来していましたが、現在は総務部でシステム運営、商品在庫管理、実績統計などを担当しています。
 休日はサラブレッドを鑑賞するため、東京競馬場へ遊びに行っています。(趣味歴30年)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket