ヤクルト麺で『オムそば』作ってみた!

こんにちは。小笠原です。インフルエンザがすでに出はじめています。みなさんも「手洗い・うがい・睡眠・ヤクルト」で予防してくださいね。

ヤクルト麺で作ってみた!シリーズ5回目の今回は、「焼きそば」を使って作る『オムそば』を紹介します。

目次

  • 材料
  • 作り方
  • 焼きそばの発祥

 

材料

  • 麺許皆伝「焼きそば」
  • 卵 3こ
  • 豚肉
  • にら・にんじん・もやし

作り方

①フライパンで肉、野菜を炒めます。

一度、皿に取り出します。

②フライパンに水を入れます。沸いたら、麺を投入。粉ソースを入れてからめます。

炒めた肉・野菜を入れて混ぜます。

③溶いた卵をフライパンで薄焼き卵を作ります。

その上に焼きそばをのせてお皿に上手に移し、青のりとマヨネーズをかけて完成!

出来上がり♪

焼きそばの発祥

「焼きそば」とは、中国の「炒麺(チャオメン)」をアレンジしたものが、現在のソース焼きそばです。
この炒麺(チャオメン)を元に、日本でソース焼きそばが生まれたのは、終戦直後のこと。麺にキャベツを足してボリュームを出し、ウスターソースで味付けしたものを、闇市の屋台で売ったところ、これが大評判となり、定着したそうです。
この屋台焼きそばが生まれた地は、秋田県横手市。この街で元々お好み焼きの屋台を開いていた男の人が、何か新しい料理はできないかと考案したのが始まりと言われています。その後、横手市では、焼きそば文化が栄え、現在も町おこしとして焼きそばを利用しています。横手焼きそばは、目玉焼きと福神漬けが特徴です。

The following two tabs change content below.
小笠原牧子

小笠原牧子

2003年:入社
ヤクルトレディからはじめ2回程産休でお休みして三人の子供を育児しながら今 現在 稲城宅配センターを担当しています。
ヤクルトレディさんと育児の相談をしながら楽しく仕事をしています!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket