極上爆音上映!地域の映画館 立川シネマシティ。わたしがお勧めする5つの理由と【君の名は。シンゴジラ】の上映は63年前の一致について。

↑2016年の【君の名は。・シンゴジラ】宣伝ポスター

↑1954年【君の名は第三部・ゴジラ】同時上映。63年前の宣伝ポスター

金子取材愛車マリリンが人気で、本人の影がかすむ金子です。
マリリンについては平日昼間、高倉本社駐輪場にて発見する事ができます。
西都ヤクルトのヤクルトレディさんは、研修などで本社に訪れた際に探してくださいね。

さて、今回、“映画観賞は映画館で、”について検証しました。

目次

  1. 映画館に行きましょう
  2. 理由:☆アクセス
  3. 理由:☆☆特典の充実
  4. 理由:☆☆☆ネット予約可能
  5. 理由:☆☆☆☆唯一無二の極上爆音上映
  6. 理由:☆☆☆☆☆フード事情の充実
  7. まとめ

1、映画館に行きましょう

何もわざわざ高いお金を出して、映画館に行かなくてもいいんじゃないの?
DVDレンタルして大画面テレビ(テレビMAX情報・3D対応152インチ!!)で、
家族や親しい仲間と自宅で気軽に楽しむ事できるじゃない、
映画館だとチケット代が1,800円程度、高すぎる!

などなど。ご意見いろいろあると思います。

シンゴジラの上映を知り、行ってきました!すごく面白かったです。
別の日に、「君の名は。」を観てきました。もちろん「ラ・ラ・ランド」も鑑賞しました。
映画って本当にいいですね。

63年前に、【ゴジラ&君の名は】同時上映されたということですが、
2016年の映画【君の名は。】題名の最後に句読点がついています。

映画館のある隣町の立川は昔からわたしの得意エリアです。
立川は都心から少し離れた基地の街です。
1992年駅周辺再開発に伴い、ロードショウ館「立川松竹劇場」と「立川中央劇場」「立川セントラル劇場」が取り壊され、約2年もの間、立川には映画館の不在状態が続きました。
そして1994年、3つの映画館は同じ場所に6スクリーンを有する『シネマシティ』として生まれ変わりました。

青春時代、立川南口の映画館で3本立上映に足しげく通いました。懐かしいなー。

【シンゴジラ】私はこの作品の監督(庵野 秀明)の鬼ファンです。
そして通行人レベルではありますが、
ちっちゃい頃からの近所の僕ちゃん⇒松澤仁晶(俳優)が出演との知らせがありましたので
敬意を込めて、映画館で観る事に決めました。

何十年かぶりで立川の映画館に行ってみました。

2、理由☆:アクセス

立川駅北口から歩いてすぐ。マリリンはお留守番。
くるりん 立川のご当地キャラがかわいいです。
探してみて下さいね。


モノレール 立川駅

シネマ1 この歩道をまっすぐ国立方面に歩いていくと、
ヤクルト立川北口宅配センターがありますよ。


シネマ2に移動中。オフィスビル街に、
私の好きな民族のオブジェ。


シネ2 (各上映会場に車いすシートあり)

3、理由☆☆:特典の充実

シネマシチズン入会でチケットが大人1000円
(劇場レンタル、シネマスィートってすごい)
シネマスィート:会員向けサービス。
予算に応じて、スクリーンを貸切るという待望企画があるらしいです。

4、理由☆☆☆:ネット予約可能。

キャンセル料は上映20分前なら無料。
ネットで座席空き情報、席予約が出来ます。
お出かけ先から、スマホで簡単予約出来ます。

5、理由☆☆☆☆:唯一無二の極上爆音上映

“観ていても疲れない音”映画の制作者が意図した音を忠実に再現するというこだわりの取り組みから実現した音響です。
“爆音”とかまえていましたが、逆に低音が素晴らしいと感じました。上映フロアによって同じ映画の音響選択が可能です。

理由☆☆☆☆☆:フード事情の充実。

シネマ2 1階 イタリアン、ピザやパスタが美味しい!


シネマ2 1階 天井の高い広々としたイタリアンレストラン

お子さんとくつろいで食事が出来るコーナーもありました。

シネマ1の隣のビル、 高島屋ガーデンテーブルズ 9階 屋上庭園


お店から庭園が望める落ち着いたレストラン街


この日は、中華のランチ。立川駅周辺ランチの平均的なお値段でした。


冷やし中華は、翡翠麺。
(そういえば、 かつてヤクルのトラーメンは、クロレラ入りの緑の麺でした。)


9階エレベータから望む立川の街。いい眺めです。

5、まとめ

映画館で映画を見る事について、数々のご意見はあると思います。
映画は一人で観たいタイプの方には、
他人のひそひそ声、館内での他人の飲食
(映画館では何故ポップコーンなのか、理由があるらしいですよ。)
それは、塩分がトイレを遅らせるからですね。
マナーの守れない人間の存在など耐え難い事でしょう。

しかし、多くの人が集まる場所は、モラルとは何なのか、実感する場所だと思います。
たとえば、子どもに一般的なルールを教える時はその場所に連れて行くのが効果的だといわれています。
何故なら、3才くらいの子どもはその場面で教えないと理解できないからです。
後で、「あの時はいけないことよ、」は通用しません。そういう発達段階の脳なのです。

電車に乗せる、高級陶器売り場に連れて行く(これ、意外に親は緊張します。)
銭湯などもいいですね。

実体験の中で他人との関わりを学ぶためには、公共の場所は最適だと思います。
他者との距離感は、幼い頃に学びたいですね。

良しも悪しきも袖すりあうも多生の縁。一期一会は臨終まで。(金子語録)

バーチャルなスクリーンを他者と共有する異空間、映画館。
今の私には快適で、リアルな空間です。立川シネマシティに感謝!リアル万歳!!
みなさんもぜひ映画館にお出かけ下さい。
特に、シンゴジラは映画館で観る事をおすすめします。

映画【この世界の片隅に】をレイトショー
シネマ1で観たある夜のひとコマ。

映画の上映ピークは去り、まばらな館内
私の座席の前席斜め右
ひとり鑑賞していた紳士がぽろぽろと涙を流していました。

なんだか、すごくもらい泣きしてしまいました。
映画って、本当にいいなあ。

 

立川シネマシティ (チケット予約)

立川高島屋ガーデンテーブルズ

立川シネマシティアクセス

The following two tabs change content below.
Miki. K

Miki. K

1957年4月18日生まれ。
現在の仕事は事務系です。趣味はベランダガーデニングとカメラと神社仏閣仏像。ネイティブな物にとても惹かれます。
只今自宅ジャングル化進行中。夢は世界を旅する写真家です。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket