国立市×ヤクルト健康フォーラム|~知って得する!乳酸菌パワー~

2017年5月13日(土)、東京都国立市の芸術小ホールにて、「国立市×ヤクルト健康フォーラム」が開催されました。

専門家による大腸がんの予防方法や、今話題の乳酸菌の知られざるパワーについて紹介しました。

このフォーラムは国立市制施行50周年記念事業の一環でヤクルトと国立市の共同事業として実施しました。

当日は国立市民や関係者が約150名来場しました。

【フォーラム内容は以下の通り】

まずは、国立市の永見理夫市長の挨拶で開会しました。

市長は10年前に大腸がんの経験があり、手術から5年後に完治されたそうです。

自らの体験談を語り、国立市民の健康増進で高齢化社会を明るく暮らしていけるようにしたいという熱い思いを語っていました。

第1部「専門医のがん予防」~大腸がんで死なせない~
講師 石川 秀樹氏 京都府立医科大学 特任教授

《どうすれば大腸がんにならないか4つのテーマでの講演でした》
・食物繊維の摂取  ・ポリープの発症  ・乳酸菌  ・潰瘍性大腸炎

第2部「あなたの便を改善します!」~おなかの悩みについて~
講師 高田 敏彦氏 株式会社ヤクルト本社 中央研究所 主任研究員

《テーマは以下の5つでした》
・腸の働きを知ろう  ・腸内フローラの話  ・便性状をコントロールするには  ・ヤクルト乳酸菌パワー  ・本日のおさらい

第3部 国立音楽大学による「金管五重奏」 演奏:山本 英助 教授他4名

《金管五重奏題目 全7曲》
・くるみ割り人形~行進曲~  ・子供の情景~トロイメライ~  ・浜辺の歌  ・美女と野獣  ・ザ・ピンクパンサー
・フランス民謡~フレール・ジャック~  ・ラッパ吹きの休日

そのほか、フォーラム会場では平成29年度の国立市がん検診のブースもあり、がん検診の申し込みを受け付けていました。

 

来場した方へのお土産も沢山ありました。

まとめ

石川先生の講演で、食物繊維の摂取での予防方法では、摂取量に関係がある事や、食用油は、リノール酸が良い事、最近便秘かな?が危険信号!である事を聞き食生活の見直しが必要であるということを教えてもらいました。
高田氏の講演では、「小腸と大腸の特徴」を詳しく説明を受け、「ウンチはおなかの鏡である」という事をよく理解できたと思います。
金管五重奏は、聞いた事のある有名な曲を演奏しており、時を忘れるくらい聞き入ってしまいとても感動しました。
西都ヤクルトでは定期的な「菌の研修会」をヤクルトレディさんが受講しており、日々お客様に最新の情報をお届け出来るよう努力しております。

 

The following two tabs change content below.
Hiroko. O

Hiroko. O

入社 21年ヤクルトレディー経験 2年
化粧品販売レディー 3年、社員経験16年
現在は宅配営業部で、宅配センターを担当するマネージャーの管理やヤクルトレディーの仕事内容の運営をしています。
以前住んでいた日野市豊田駅周辺が、得意なエリアです。
最近休日は、自宅のDIYを楽しんでいます。西海岸風をイメージして壁紙を張り替えたり棚にペイントなどしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket