ヤクルト首都圏支店近くの記念碑|名犬チロリ

こんにちは、猛暑も落ち着き、夕暮れ時になると心地いい風が秋を感じさせてくれますね!
秋!美味しいものがたくさん出てくる時期でもあります。食欲の秋が到来です!!
ダイエット出来るかな~(笑)

いつもは「NEWフェイスの紹介」ということでブログを書かせていただいていますが、8月は新人研修がなかったので、今回は「名犬チロリの記念碑」に行ってきましたので紹介します。

東銀座にある(株)ヤクルト本社 首都圏支店の近くにその公園があることを知り行ってきました。
名犬チロリはご存知ですか?日本初のセラピードッグとして活躍した名犬です。 チロリは5頭の子犬と共に捨てられていた母犬です。

自費でセラピ-ドッグの訓練センターを運営しています大木さんという方が里親探しをしてくれていました。

子犬達はすべて貰い手がついたそうですが、推定2歳、雑種で足に障害を持った母犬だけが貰い手がなかなか決まらなかったそうです。
そこで大木さんは母犬を飼う事にしました。
大木さんが飼うことを決意した日はなんと殺処分の当日だったということです。

セラピ-ドッグとは特殊な条件をクリアして心や体に病を抱えた人たちの手助けをする犬たちのことです。

大木さんはチロリを飼う事にしましたが、この時点ではまだチロリを訓練する予定はなかったそうです。しかしある時末期がんを患っているハスキ-犬の横で寄り添うようにしている姿を見て、これはもしかしてと思いチロリを訓練する事を決めたようです。

訓練を始めると、とっても物覚えがよく次々に課題をクリアしていったといいます。虐待の経験から苦手な事もあったようですが、見事克服してセラピードッグとなりました。優しい笑顔と、深い思いやりで、弱っていた人間の心をいやすセラピ-ドッグとしてたくさんの活躍をしてくれました。

脳に障害をもっている方がチロリと出会いチロリの名前を呼ぶようになり、手、足が全く動かなかったのにチロリの事をなでられるまでに手が動くようになったそうです。
色々な奇跡を起こしたチロリ、【思いは必ず伝わる】

そんな大活躍している中の突然の告知!余命3ヶ月!乳がんという事でした。
人に寄り添い、仲間に寄り添い、懸命に生きて来たチロリ、2006年3月16日、大木さんに見守られながらな静かに息を引き取りました。享年推定16歳。

セラピードッグの普及に貢献したチロリの功績を称え2007年5月に東京都中央区の【築地川銀座公園】にチロリと子犬達の銅像が建立されました。

記念碑の前に行き、チロリの顔を見ると、思わず微笑んでしまいました。
本当に癒される、ホっとする可愛いお顔をしてました。ぜひ一度チロリと子犬たちに会いに行って見て下さい。

誰かが必ず見ていてくれる!!想いは必ず伝わる!!とチロリがメッセージを残してくれた気がします。

今ペットに関しては、さまざまな問題があがっていますが。育つのもそれぞれのスピード、また個性もそれぞれですよね。それは人間も一緒です。そのうえ動物は言葉が話せません。
我家にも犬がいます。いたずらをしたり、言う事を聞かなかったりすると、もう!!と思う事もありますが、チロリのように【無償の愛】を捧げられるような人になれたらと思います。

チロリが亡くなった事はとても残念な事ですが、チロリの半生は私たち人間に色々なメッセージを残してくれたと思います。チロリ本当にお疲れ様でした。そしてありがとう。

 

おまけ!!
痩せたーい!でも食べたーい!の同じ部署のTさんがこの日のランチにここどう?と紹介してくれたのがこのお店です。
「アメリカン」というサンドイッチ屋さんでした。チロリの記念碑がある公園のすぐ近くです。
チロリに会いに行った時にはぜひ立ち寄って見てください。(さすが!食べたーいと言うTさんの紹介!凄すぎ!)

The following two tabs change content below.
Akemi. T

Akemi. T

総務部健康推進課に所属しています。
得意エリアは立川南口です。
今年の夏から野菜作りをしました。ハート型のトマトやキュウリも作りました、今は秋茄子が豊作です。夏より実が付いているかも。
子供のお弁当時代も終わったので、ハートの野菜達は旦那様のお弁当に”これでもか~”ぐらい沢山入れちゃいました。(笑)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket