国立に高級食パン屋さん『銀座 に志かわ』さん紹介です!!

皆さんこんにちは、直販営業部の大内です(o^―^o)ニ

今回は、先日国立の学校給食の納品時に見つけた食パンのお店を紹介いたします。

店名は〝銀座 に志かわ ″ 水にこだわる 高級食パン 国立店です。

2019年7月1日にオープンした、食パン専門店です。

場所は、JR国立駅の北口より東に徒歩2分ぐらいの所にあります。

焼き立てを店頭に出すため店舗の周りは焼き立てのパンの良い香りがします。

1日の販売数量が決まっていますので、できれば予約を入れると確実に購入できます♪

このお店は、水にこだわっているお店。

店舗は白を基調とした清潔感のある店内

絹のようにしっとりした耳

淡雪のようなくちどけでほんのり甘い食パンです。

風味豊かな、厳選素材を使用。小麦粉はカナダ産の最高級品、厳選したバターと生クリーム、隠し味に100年の歴史を持つ水谷養蜂園のはちみつを使用しています。こうした素材とうまみをアルカリイオン水が引き出し、やさしく包みまとめます。

(二斤分で864円税込み)

パンの感想は(o^―^o)ニコ

はちみつが入っているので、ほんのり甘くもっちりしていてきめが細かく口に入れると溶ける感じの食パン♪

焼いてもこんがり焼けて外はカリっと中はふんわりしている。

美味しい食パンだな~と思いました!

きんぴらごぼうや塩辛、明太子、たこワサなど和惣菜にも合う食パンです。
のせて食べても美味しい!!

店舗からの食べ方説明

まずは 生のまま何もつけずに食べる、3日ぐらいたったらトーストがおすすめだそうです。

常温のまま数日間は保存できますが、冷凍をすれば長期保存可能だそうです。

保存方法は1枚ずつカットしてアルミホイルに包んでパンの保存袋に入れて冷凍庫で保存、冷凍したパンは常温で自然解凍すると一か月ぐらい香りや風味がキープされるそうです。

紙袋での販売

お友達などにワンランク上の手土産などに食パン風呂敷や食パン化粧箱などがあります。

朔日札は月毎替わるそうです、私が伺ったのは九月でしたので桔梗の花でした!

会計時にお持ちくださいといただきました!

※こちらの店舗は、日本の伝統と本物を追求しているお店で和モダンをブランドコンセプトに京都の『一澤信三郎帆布』さん(のれん)、手ぬぐいの老舗『かまわる』さん(食パン風呂敷)、橘右之吉さん(朔日札)といった和の名門ブランドの協力をしていただいているそうです。

店舗の感想は、店員の方は上品でとても感じの良い方達でした♪

ぜひ皆さんも一度店舗に行ってお買い求めください♪

店舗名:「銀座 に志かわ 水にこだわる高級食パン」(国立店)

住所:東京都国立市北1-5-1

電話:0428–43-0360

営業時間:10:00~18:00

(売り切れ次第終了)

※ご予約はお電話にて承ります。

The following two tabs change content below.
Mikiko. O

Mikiko. O

現在、直販営業部で量販店マーケット担当をしています。
スーパーなどで担当の方に新商品などの紹介をしてたくさん仕入れてもらう仕事をしています。
プライベートは、子どもたちが巣立ったので主人と2人で近場などにウインドウショッピングやドライブに行くことを楽しみにしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket