【職場の5S・整理整頓清潔清掃節約】会社の掃除は男性社員におまかせしています。地球にやさしいおそうじと七福神の関係について。

始業約1時間前。念入りのおそうじがはじまります。
メインメンバーのほとんどは西都インフォブログライターです。
この方々、これから次々に記事を書きますのでのお見逃しなく!

さて、今回はお役立ち情報として おそうじで使用する安心安全、地球にやさしいおそうじグッズについて検証してみました。

〇〇汚れはクエン酸

トイレ・お風呂・キッチンなどの水回り、酸性の性質で、水の中のカルシウムが固まった水垢、石鹸垢などを落とします。
特に、悪臭の中和や菌の繁殖を抑え、水垢落としに優れています。除菌・消臭・カビ予防・水垢落としに使ってみて下さい。

500mlの水に、クエン酸を小さじ3、4杯を溶かします。クエン酸水完了です。
スプレーに移して使いましょう。
スプレーしてふき取るだけでお掃除完了。
※ 注意 鉄、大理石に使うとサビの原因になります。

おそうじ用のクエン酸を使いましょう。安価です。”薬局で飲用のクエン酸もあります”
100円コーナーで最近購入しました。手垢汚れが劇的に落ちます。

★上級者遍【セスキ炭酸ソーダ】スプレーの作り方

水5リットルにセスキ炭酸ソーダ大さじ1をよく溶かし、その水に雑巾などを浸して汚れた箇所を拭き掃除します。
この液をスプレー容器に入れても使いやすいでしょう。
ただし、セスキ炭酸ソーダは手袋を使用する事をお勧めします。
いずれも、塩素系の漂白剤との併用は避けて下さい。有毒ガスが発生します。
併用が危険な洗剤類は、あらかじめ処分しておくことをお勧めします。

●●汚れには、重曹

油汚れには重曹。重曹は弱アルカリ性です。研磨作用、消臭作用があります。キッチンの油汚れ、トイレ、排水口に使用しましょう。
鍋の焦げ落としは鍋にお湯を沸かして重曹をたっぷり入れて5分程グラグラさせてフタしてそのまま一晩放置すると綺麗になります。
油を使った食器やフライパンなども、洗剤を使うよりもきれいになります。
泡が出ないので水洗いも簡単です。しかし、アルミに使えません :黒く変色します。

××汚れには、クエン酸と重曹をまぜて

排水口・トイレの汚れなどに、この2種類を使います。先に重曹:2、次にクエン酸:1の割合で粉をふりかけてスプレーをかけると泡が沢山で出てきます。
それを古い歯ブラシなどで磨くといいです。元々、炭酸水は重曹とクエン酸(食用)で作ります。

おそうじと七福神の関係について。

さて、人の住む家には7人の神様がお越しになるといわれています。そしてその場所が清潔なほど長く居座ってくださるといいます。

まず、お客さまをもてなす応接間、来訪者をお迎えする玄関。そして家族が集まる居間。休息の場寝室。そして水回りの台所、洗面所とつづいて、最後の神様は トイレの神様になるといいます。

その神様が一番遅く来る理由とは、なんと金銀財宝お土産をどっさり背負って来るからだと、いわれています。重くて歩が遅くなるのですね。

もうひとつ説があります。それは最後にお越しになるのは弁財天様。
女性ならでは身支度に時間がかかるのと、寄り道、多くのお友だちとのおしゃべりで遅くなるという事です。交際範囲の広い、社交的で魅力的な神様です。

というわけで、トイレに棲みつくといわれる神様には、気持ち良くいていただきたいですね。

日本のトイレ事情は、日に日に良くなっています。かつて、駅トイレなどの公共トイレは悲惨でした。
数年前、トイレの神様という曲がヒットしたのは記憶に新しいかと思います。

まとめ

【お金持ちになった人、仕事に成功した人】ほとんどの方が口にする、その秘訣は、トイレ掃除、トイレの蓋を閉める、でした。
会社ぐるみで掃除にとり組む会社は、優良というイメージが近年出来ました。

西都ヤクルトでは朝のおそうじは、男性社員が中心で取り組んでいます。女性社員はフロア担当です。

又、ご家庭で使用するおそうじ用洗剤に、地球にやさしい重曹とクエン酸をお勧めします。
生活排水も回り回って、全人類、地球上の全生物の生命の水になるのです。

The following two tabs change content below.
金子 美紀

金子 美紀

1957年4月18日生まれ。
設店アポインターをしています。ネット応募の方を宅配センターまでご案内する仕事です。電話や、メールの向こう側にいる方がヤクルトレディの第一歩を踏み出すためのお手伝いをしています。
趣味はカメラと神社仏閣仏像。ネイティブな物にとても惹かれます。反面、最近はエクセルの関数にはまっています。IF関数をさりげなく使いこなす人に憧れています。
只今自宅ジャングル化進行中。夢は世界を旅する写真家です。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket