ヤクルト麺で『豚バラとなすのつけそうめん』作ってみた!

こんにちは。日差しが強くなってきて、紫外線が気になりますね。毎年、「焼かない!」と意気込みますがついつい半袖で出歩いてしまう武田です。
今年はこまめに日焼け止めを塗り、半袖焼けを防いでみたいと思います。

今回の作ってみたシリーズは「佐賀の神埼そうめん」を使って『豚バラとなすのつけそうめん」を作ってみました。
しそを使うと食欲がないときでも、これを食べるとしっかりスタミナ取れますね。

目次

  • 材料
  • 作り方
  • 豚肉パワー

材料

  • 佐賀の神埼「そうめん」
  • 豚バラ肉薄切り
  • なす
  • だし醤油
  • あれば、しそ(なくてもOK)

作り方

①豚バラ肉を食べやすい大きさに切ります。なすは半月切りにして水にさらしてあくを抜きます。

②佐賀の神埼「そうめん」をたっぷりのお湯で茹でます。茹であがったら、水でしっかり冷やし水気を切ってざるにあげておきます。

③だし醤油に水を加え、沸騰させます。そこに、豚バラ肉を入れて煮ます。

④豚バラ肉の色が変わったら、なすを投入します。

⑤なすが煮えたら完成です。お椀に盛って、冷たいそうめんをつけて食べてみて下さい。しそがあると食欲がない時でも、しっかり食べられます。
簡単なのでぜひ、試してみて下さいね(^^)/♪

豚肉パワー

豚肉には、エネルギーの代謝を促すビタミンB1、皮膚や粘膜の生成を促すビタミンB2、筋肉や血液の生成を助けるビタミンB6などが含まれています。
その中でも、ビタミンB1の含有量は最も多く、豚肉100gを食べるだけで一食分に必要な摂取量を十分に摂ることができます。栄養価の高いウナギや牛肉よりも豊富に含まれており、夏バテ防止や疲労回復にもおすすめです。
豚肉に含まれているミネラルには、血圧の低下や骨密度を高めるカリウム、貧血を防ぐ鉄分などがあります。ミネラルは体内で生成することができないため、日々の食事でしっかりと摂るように心がけましょう。
しっかり食べて、これからやってくる夏を元気に乗り越えて行きましょう!!

The following two tabs change content below.
Reiko. T

Reiko. T

ヤクルトレディ歴6年。
今現在高倉宅配センターを担当しています。小学生の頃から多摩市に住んでいるので、地元情報は豊富です。
最近は、上の子が中学校に入り下の子の小学校のお知らせとゴッチャになりてんやわんやです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket