タイムスリップ|多摩センターで古代体験ができる『縄文の村』

こんにちは総務部の小黒です。

気候が一か月くらい先に進んだかのように、かなり寒い毎日が続きますね。
しっかり着込んで風邪をひかないように気をつけねば。

さて今回は多摩センター駅近くにある『東京都埋蔵文化財センター』に行ってきました。

東京都埋蔵文化財センターは考古遺跡などの調査・研究、発掘調査を行う拠点として、また、多摩ニュータウン遺跡群の遺物を収集する施設として、昭和60年に建設されたそうです。

敷地内は多摩ニュータウンで発掘された土器・石器などを展示してある『企画展示室』と竪穴住居や縄文時代に生えていた植物を植えた森『縄文の村』に分かれています。

東京都埋蔵文化財センター「企画展示室」入口
「縄文の村」入口

『企画展示室』には縄文時代から江戸時代までに時代の流れごとに、発掘された土器・石器が展示されていて、文明の進化の過程が感じられます。

縄文時代早期
奈良時代
江戸時代

中には大丸遺跡(稲城)などもあり身近な地域の歴史の始まりが見られます。

大丸遺跡

展示室内の写真撮影もできますし(受付の方に確認した何か所かを除いて)、混んでいないので、ゆっくりとタイムスリップできますよ。

また展示室の鑑賞後はアンケートに答えるとクリアファイルのお土産がももらえます。

『縄文の村』では時代ごとの竪穴住居が3棟設置されています。

敷石住居 4,500年前

 

中期の竪穴住居 5,000年前

 

前期の竪穴住居 6,500年前

とても静かな空間が広がっていてベンチも設置されているので、ゆっくり日向ぼっこもいいですよ。

多摩センター駅から徒歩5分程度で入館料もかかりませんので、皆さんもぜひ足を運んでみてください。

ホームページはこちらから

開館時間 9:30~17:00 ※11月~3月は16:30まで
休館日  年末年始(12月29日~1月3日)

展示替えの臨時休館期間(3月初旬から中旬)
入館料  無料
アクセス 京王相模原線「京王多摩センター」駅より徒歩5分

小田急多摩線「小田急多摩センター」駅より徒歩5分

多摩都市モノレール「多摩センター」駅より徒歩7分

The following two tabs change content below.
小黒和志

小黒和志

総務部課長西都ヤクルト販売株式会社
1995年入社
 若い頃は営業部、直販部を行き来していましたが、現在は総務部でシステム運営、商品在庫管理、実績統計などを担当しています。
 休日はサラブレッドを鑑賞するため、東京競馬場へ遊びに行っています。(趣味歴30年)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket