2018年干支|戌年どんな年?

年末年始の休みボケは解消されたのに、正月太りは解消されていない豊泉です。
本年もよろしくお願いいたします。イヌのお話し第2弾は今年の干支戌年にまつわる話をしたいと思います。

子・丑・寅ではじまる十二支のサイクル。2018年は戌年です。日本では弥生時代から使われていたそうです。戌年は十二支のうち11番めにあたります。

戌年は『結実』を表す年だそうです。これまで続けてきたさまざまな取り組みに良い結果が表れる年になり、努力が報われ、形になる年になると言われています。

一方で戌年は、収穫を終えて一息つく季節でもあり結果を得た後、次なるステップへの準備の年とも位置づけられています。なにかをがらりと変えるための、仕込みの時期ともいえる年なのです。

イヌは動物の中でも、人間とのつきあいが最も古いといわれていて、狩りのパートナーとして、番犬として、そして家族として、人間の暮らしを支えてくれている存在ともいえるでしょう。

そんなイヌは、安産・多産なこともあり妊婦さんの守り神としても愛されています。
妊娠5ヶ月めの戌の日には『帯祝い』というのがありますね!安産のおまじないであると同時に、お腹の赤ちゃんの位置を安定させるものでもあるそうです。

戌年生まれの方は真面目で誠実、忍耐力があり努力家の方が多いようです。
また午年の方とはとても相性が良いようです。未年の方とはなかなか難しいようですね!・・・ちなみに私は未年です(^^;

 

The following two tabs change content below.
Akemi. T

Akemi. T

総務部健康推進課に所属しています。
得意エリアは立川南口です。
今年の夏から野菜作りをしました。ハート型のトマトやキュウリも作りました、今は秋茄子が豊作です。夏より実が付いているかも。
子供のお弁当時代も終わったので、ハートの野菜達は旦那様のお弁当に”これでもか~”ぐらい沢山入れちゃいました。(笑)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket