家族で楽しめる『南極・北極科学館』|立川市

こんにちは、総務部の小黒です。
普段休日はひきこもりで過ごすことが多いのですが、初めてのブログ投稿のこともあり お天気も良かったので、立川まで外出してみました。目的地は『南極・北極科学館』です。

 小学生の時(何十年前)に「南極物語」を見て以来興味を持っていたので。
多摩モノレールの高松駅を降りて徒歩10分程度の距離にあります。私は行くときになぜか反対側から降りてしまい、大回りして30分ほどかけて到着しました。(笑)
高松駅の改札を右に出て右側の階段を降りてほぼ道なりです。
入館料は無料で、館内での撮影もオーロラシアター以外はOKです。
樺太犬の犬ぞり、映画で有名なタロ・ジロ等樺太犬の写真と個々のプロフィール
犬ぞり

プロフィール
大型雪上車(車内にも入れます)
雪上車外観

雪上車内
南極・北極に住む生物のはく製
アザラシ

ペンギン
歴代南極観測船の模型が展示されています

観測船模型
興味をそそられるものが色々展示されています。
オーロラシアターは定員12名で順番待ちとなりますが、幻想的な世界は必見の価値ありです。
また昭和基地のライブ映像が見られるモニターが設置されていて、とても興味津々なところですが、現地との時差は6時間あり、午後に行くと昭和基地付近は夜で何も見えません。(私は午後行ってしまいました)午前中に行くのがおすすめだと思われます。
その他にも、南極の氷に触れることができ、現地で使われている防寒着も展示されています。
『南極・北極科学館』の外には樺太犬のブロンズ像が置かれていて、見送ってくれます。
 ぜひ皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか。
最後に、たくさん歩き回ったので帰りに立川で飲んだビールは最高においしかったです。
○ 開館時間 AM10:00~PM17:00(最終入館PM16:30)
○ 休館日  日曜日・月曜日・祝日・年末年始
○ 入館料  無料
○ アクセス 多摩モノレール高松駅下車徒歩10分位

The following two tabs change content below.
Kazushi. O

Kazushi. O

総務部課長西都ヤクルト販売株式会社
1995年入社
 若い頃は営業部、直販部を行き来していましたが、現在は総務部でシステム運営、商品在庫管理、実績統計などを担当しています。
 休日はサラブレッドを鑑賞するため、東京競馬場へ遊びに行っています。(趣味歴30年)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket