寒い冬は鍋料理で体調を整えよう!プデチゲの作り方|麺許皆伝|西都ヤクルト

こんにちは!
健康推進課の小山です!
今年の冬は暖かいとはいえ、寒さが苦手な私はひたすら耐える毎日です☹

そこで今回は今の時期にピッタリな、簡単鍋料理の紹介をしたいと思います!!(自分が食べたいだけ)

★材料★

<食材>
麺許皆伝(醤油)
白菜
もやし
ソーセージ
ニラ
スライスチーズ

<調味料>
ごま油
ニンニク
キムチ
みそ


コチュジャン
おろしにんにく
おろししょうが

★作り方★

  1. ごま油とニンニクを炒める
  2. 香りがしてきたらキムチを入れサッと炒める。
  3. 水・酒・みそ・すりおろしにんにく・しょうが・付属のインスタントスープ・コチュジャンを入れタレを作る。

  4. 白菜・もやし・ソーセージとキムチ、タレを鍋に入れ、火にかける。
  5. 具材に火が通ったタイミングでラーメンを入れ煮る。
  6. 麺がほぐれたらニラを入れる。

    7.器に盛り付けてスライスチーズを乗せたら完成!

まとめ


家庭にある材料で手軽に作れるプデチゲの紹介でした。
インスタントラーメンのスープを変えれば、また違った風味になるかも・・・?

何気なく紹介しましたが、この鍋は「キムチ・みそ・チーズ」といった発酵食品+食物繊維が摂れる腸活鍋であることに気づきました!
鍋料理を食べて、栄養をバランスよく摂取し、病気にかからないようにこの冬を乗り切りましょう!!

プデチゲの豆知識
ブデチゲ(部隊チゲ、部隊鍋/부대찌개)は、韓国のチゲの一種。肉、野菜、豆腐などといった一般的なチゲの材料と共に、ソーセージまたはスパムに代表されるランチョンミート、インスタントラーメンといった保存食の食材を辛味のスープで煮込んだ、大衆的鍋料理である。
1960年代に、おでんを売った店でおつまみで売ったのが始め。初期には炒め料理だったが、現在の姿に変化した。なお、インスタントラーメンの普及は朝鮮戦争後である。朝鮮の外食メニューとして一般的であり、現在は日本の韓国料理店でも提供するところが多い。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%87%E3%83%81%E3%82%B2

【健康情報はこちら】
おなかの雑学|免疫編 感染症にかからないように気を付けよう!
おなかの雑学 ビフィズス菌編|腸内環境を整えるための秘訣は・・・?

The following two tabs change content below.

小山 泰生

西都ヤクルト2015年入社。 宅配営業部、直販営業部を経て総務部健康推進課に所属。 現在は健康推進課3年目に入り、おなか教室・健康教室や工場見学会の実施など主に広報としての分野を担当しています。 趣味は野球観戦で、シーズン中は神宮球場に足繁く通い詰めるほどのスワローズファンです。 【宝物:山田哲人選手のサインボール】 【マイブーム:仕事終わりのランニング、おうち居酒屋】

記事を気に入ったらシェアをしてね