ベトナムヤクルト見学研修 その2

今回はベトナムの街並みをベトナムの文化と併せて紹介していきます。

ベトナムは、1945年までフランス領インドシナという国名でした。

その名残が随所に見られ、現在のベトナムの食卓でよく見かける「ベトナムコーヒー」「フランスパン・バインミー」「ワイン」などの食文化はフランス統治時代の面影を残しています。

建造物もフランス建築の物が多く点在します。

サイゴンオペラハウス

サイゴン大聖堂

サイゴン中央郵便局

近年インスタ映えで有名になったピンクの教会タンディン教会

一方でベトナムならではの文化も多くみられます。

ホーチミンの台所タンディン市場

カエルって・・・

屋台はたくさんあり、フォーやバインミー、フルーツが安価で食べられます。

ベトナム料理はとっても美味しい!パクチー祭りです!!

飲酒運転に関しては、かなり寛大なようで居酒屋へはみんなバイクで来ます。

ますますベトナムで運転したくなくなりました。

街並みはしっかりインフラが整備された地区とそうでもない地区が入り乱れています。

治安は決して良いとは言えず、観光客はスリやひったくりの被害に遭うことも少なくないので貴重品は、できるだけ持ち歩かないほうがいいです。特にショルダーバッグをたすき掛けにし、奪われないようにしても強引に来るので引っ張られた弾みで転倒してケガをすることがあるようなのでやめましょう。ただし、カバンやバッグを持ってなければ夜の街の一人歩きもできます。

交通マナーはかなり酷いです。信号無視や道路の逆走は、日常茶飯事で歩道も逆走してくるバイクがいるので注意が必要です。道路の横断も待っていては、いつまで経っても渡れないので多少強引に渡りますが、歩行者がいてもまるで減速しない強者がいるのでその際は横断をやめましょう。

露店のオバちゃんは高級ブランド財布を1つ1,000円で売ってくれます。

値切ると3つ1,000円になるとか…

帰国の際没収される覚悟があればどうぞ。

おまけ

これはなんだ?

ベトナムのトイレに備え付けられています。ウォシュレットのようなものだそうで手元のコックを握ると勢いよく水が出ます!バスタブに向けてやってみるとそれがかなりの勢いでビックリ!上手く使える自信がなかったので私は使用を断念…

次回はいよいよベトナムヤクルトの活動を報告します。

The following two tabs change content below.
Yoshihiro. N

Yoshihiro. N

代表取締役 社長西都ヤクルト販売株式会社
1994年入社
得意エリア管内全域 特に八王子市内
趣味 釣り、山の幸採り
外で遊ぶ事が大好き!かつてはかなり危険な渓に行ってましたが最近は軟弱釣行が多くなりました。仕事も遊びも常にどうすれば楽しく出来るかを考えて地域で一番働いていて楽しい会社づくりを目指して全社員と共に頑張っています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket